確率の高い海外不動産の投資法とは

18 8月
0

海外の不動産投資先として今最も暑いのが東南アジアにあるマレーシアです。マレーシアは経済成長率が高い水準で安定しており、今後もさらなる経済発展が見込める国として知られています。親日国としても知らていますし、観光先としても人気が高いですよね。

海外の中でも安定的な経済的発展が見込める国は、不動産投資をする上でも非常にメリットが大きいです。今後発展が見込める地域の不動産を購入しておけば、購入時よりも価値が高くなる可能性が高いからです。

マレーシアに投資をするにあたって、定番中の定番なのが建築中の物件を購入し、完成後に売却するという方法です。今のところ、この方法で物件を購入した場合は完成後に2割程度以上の値上がりが期待できますので、確率の高い投資法として人気があります。

その他の方法としては、新築物件、中古物件を購入し賃貸に回すなどが定番ですよね。マレーシアでは概ね7%程度の利回りが期待できますし、キャピタルゲインと言って不動産の価値が上がるのを待って販売する方法もとれます。

これらの方法が安定して行えるのは、経済的発展を続けている国ならではですので、マレーシア以外にも今後発展が見込める国では同じような手法がとれると思います。

Add comments: